中年の作業員

しっかりとしたマンション管理を|大規模修繕も視野に入れておく

修理の際に必要な書類

青い作業服の男性

自動ドアの修理を頼むには

自動ドアの修理を頼みたい場合、まず現在使っている自動ドアの保証書や取扱説明書を確認すると良いです。そこに販売・サービス会社等が記されています。そこに記されている会社に連絡すれば修理をしてくれたり、修理会社を紹介してくれると思います。また保証書や取扱説明書が見つからない場合は、現在使っている自動ドアに、どのメーカーの製品かを示すステッカーが付いているので、自動ドアのブランド名を確認後その製品のメーカーか取扱代理店に連絡すれば同じく修理をしてくれたり、修理会社を紹介してくれたりします。また現在使っている自動ドアの定期点検を行っているのなら、毎回定期点検を行ってくれる会社に連絡したら修理してくれると思います。

事故を防ぐために大切なこと

自動ドアは日常で利用するにはとても便利なものです。特に両手がふさがっていたりすると、ドアが自動で開いてくれるととても楽です。しかしその便利さの中に思わぬ危険があります。自動ドアで怪我をした等の事故は毎年起こっています。ドアに挟まってしま怪我をしたり、自動ドアが開かずにぶつかってしまった等の怪我です。起こってしまった事故は決して自動ドアが故障していたから起きてしまった事故だけではなく、人の不注意によって起こった事故もあります。しかし毎回故障がないように点検、また故障をしていたなら修理をすることは無駄ではないことです。人に危害を与えないためにも、きちんと管理しておくことが自動ドアを設備している建物やお店にとっては義務であるため、修理してくれる会社を利用する人が多いのだと思います。