中年の作業員

しっかりとしたマンション管理を|大規模修繕も視野に入れておく

トラブル防止のために

作業員

トラブル防止のためのガイドライン

賃貸住宅を借りる際には契約が行われますが、その中に現状回復についても契約内容確認や説明がなされます。現状回復とは、退去時に必ず行わなくてはならないものであり、敷金から差し引かれるものとなります。敷金は基本的には退去時に返済される費用です。しかし、現状回復の状況により返済額が少ない、全く返ってこない、時には出費となったというケースからトラブルが発生することもあります。 これらのトラブルを防止するためには、借主の契約内容をしっかり確認し、責任を持って賃貸を返還するという意識が最も重要です。しかし、現状回復の判断は貸主によることが多く、不合理な請求が発生する可能性もあります。そのようなケースによってトラブルを未然に防止しようと国から現状回復ガイドラインが設けられています。契約書がガイドラインに沿った内容であるかどうかも確認することがトラブル防止に向けた注意点となるのです。

ガイドラインと異なる特約

ガイドラインには、日常生活上における様々な状況において老化や劣化、あるいは破損した場合を考慮してどちらが負担しなければならないのかが明確に記されています。ほとんどの貸主や賃貸における契約内容では、このガイドラインに従った内容を記載していますが、時に特約を設けている場合があります。また、特約においてガイドラインと少しかけ離れた内容を示す場合もあります。 民間賃貸住宅における賃貸借契約では、契約自由の原則というものがあり、借主と貸主の合意に基づいて行われるという基本が存在します。よって、特約がガイドラインからかけ離れた内容であっても違法とならないものであり、契約を行ってしまってはその特約に従わなければなりません。国からのガイドラインが全てというものではなく、特約などを設けてある契約書が全てとなるのです。現状回復内容においては、契約前にきちんと貸主と話し合いを行い、事前に不合理ある内容の解決を行ってから契約を行うことがトラブル防止につながるものとなります。