男女

しっかりとしたマンション管理を|大規模修繕も視野に入れておく

修理の際に必要な書類

青い作業服の男性

突然自動ドアが故障してしまう場合があります。機械ですので、何らかのトラブルによって故障し、動かなくなるリスクを持っています。ですから、管理者側は業に修理依頼を出すときにスムーズに対応してもらえるようにしておきましょう。

詳細

トラブル防止のために

作業員

原状回復の工事に関しては、結構トラブルが起こりやすい内容になっています。その理由は、契約書に記載されている内容と退去時に伝えられた内容が異なることがあるからです。

詳細

雷を避ける

ビル

落雷による建物への影響を少なくするためにも、避雷出来る設備を確保しておきましょう。建物を自然災害から守る工夫をしておくことで、いつまでも大切に使用出来ることでしょう。

詳細

自動ドアが壊れたら

建物

原状回復110番

希望のプランに合わせて丁寧に作業を進めてくれますよ。原状回復工事に対応している業者はココで紹介してもらえますよ。

修理業者への問い合わせ

マンションの自動ドアが壊れてしまった場合にはどのようにすれば良いのでしょうか。大家として早急に対応しなければなりません。まずは、自動ドアを修理してくれる業者に連絡する必要があります。緊急連絡先として、マンション管理会社から聞いている番号に連絡してください。そうすれば、マンション管理会社が自動ドアの修理業者に連絡してくれます。このような流れによって、自動ドアの修理業者が修理をしてくれるのです。もちろん、大家として日ごろから付き合っている修理業者があるのであればその業者に直接連絡してしまっても構いません。しかしながら、マンション管理会社に連絡をしたほうが得策です。なぜならば、マンション管理会社に任せてしまうことができるからです。

自動ドアに係るおおよその費用

程度にもよりますが自動ドアが壊れてしまった場合には、費用が掛かってしまいます。その費用はマンション管理会社から請求されるのか、業者から直接請求されるのかはケースバイケースとなります。ですから、まずはマンション管理会社に費用を問い合わせてみましょう。大元のマンション管理会社であればおおよその費用を把握しているはずです。また、修理業者が自動ドアの修理に来たときに直接聞いてしまっても良いでしょう。そうすれば、修理予算を確保することができます。まずは修理してもらうことを最優先してください。それが、マンション居住者への安心と安全の提供につながるのです。居住者のことを最優先してマンション経営を行ってください。また、必要に応じて大規模修繕をするのも大切です。大規模修繕をする目安としては、築10年が一般的とされています。築年数が古くても、綺麗に保っているマンションであれば需要も減る心配もなく資産価値を落とさずにすみます。